メインイメージ

車上荒らし対策

車上荒らしの被害に遭わない為の基本に、しっかりと鍵を掛けることです。安心感のある自宅だったり、コンビニといった長く停める訳ではない場所ですと、鍵を掛けずにいるケースも珍しくないようです。しかし車上荒らしはそういった油断を狙ってきますし、もし鍵を掛けていない瞬間をどこかで確認されていたらターゲットになってしまいます。車を少しでも離れる時には鍵を掛けるのが対策の基本ですので意識した方が良いと言えます。

停める場所に気を配るようにすることも大事です。人通りが少ないところや街灯のないところは車上荒らしからすれば行動し易いです。こうした場所に停めておくとリスクが高くなりますし、また車上荒らしだけでなくいたずらといった被害に遭うこともありますので、危険がありそうな場所は避けるようにした方が良いでしょう。

外から見える場所に貴重品を置かないようにするのも基本と言えます。例えば財布やパソコン、ブランド品など、価値がありそうな物が見えるところに置いてあると狙われ易くなります。もし車内に置いておく場合はシートの下などに隠すことが大切ですし、また大切な物は面倒でも持ち歩くようにするのが被害に遭わないコツです。

盗難警報装置を装備しておくのも有効とされています。車上荒らしにはリスクを冒してまで狙うよりも、安全な車を狙った方が良いという心理もありますので、装備があると分かれば被害に遭い難くなります。中には光を点灯させてあたかも装置があるように見せるグッズもありますが、コストが掛けられない時にはこうしたグッズを活用するのも良いかもしれません。

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。車上荒らし被害の多い場所は、人の多く出入りするパチンコ店やスーパー、百貨店などの駐車場で貴重品を車内に置きっぱな...  気になる続きはこちらから ⇒

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して…