メインイメージ

駐車場での防衛策

車上荒らしは車が傷むのはもちろん、被害を受けた人の心にも傷がつきます。車上荒らしに遭わない為にはどの様なことに気をつければよいのでしょうか。ここでは、駐車場での防衛策について説明します。

まず、一つ目は、車に近づけなくすることです。シャッター付の駐車場の場合、シャッター無しのものに比べて車に近づくことが難しくなり、シャッターの中にどの様な車があるのか、それともないのか判断がつかない事が予防策の一つとなります。

二つ目は、駐車場に物を置かない事です。使用していないタイヤや工具をガレージに置いていることを見かけることがあると思いますが、これらの物品は盗難の被害に遭いやすいこと、その物品が死角となって車上荒らしを行いやすい等の悪い影響があることを覚えておくとよいでしょう。その為、ガレージには物を置かない事を心掛けておくとよいでしょう。

三つ目は立地です。人通りの少ないところ等は、車上荒らしの犯人にとって、狙いやすい場所だといえます。人通りの多い駐車場や街灯の多い場所であれば、その抑制力も上がることを覚えておくとよいでしょう。また、自宅の敷地外にガレージを借りる人の場合、家から見える場所に借りるというのも一つの方法です。窓から何気なく外を見ることも日常生活の中であるでしょうから、定期的にチェックができるということになります。

ここまで、車上荒らしの対策について説明してきましたが、被害に遭わない為には、できるだけ犯人が近寄りにくいと思う雰囲気をつくることが大切だということです。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。車上荒らしに限らず、盗難において犯人が避けることは、犯行に時間をと...  気になる続きはこちらから ⇒

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して…