メインイメージ

車上荒らしの関連情報

現在はインターネットの普及により、ウェブサービスを利用して情報網をうまく活用することで車上荒らしを未然に防ぐことも可能な時代となりました。SNSなどのサービスを利用すれば犯行に備えて注意することができますし、万が一被害にあったとしてもその詳細情報をインターネットで公開することでより早く犯人逮捕に貢献できるのです。

車上荒らしに遭う地域は概ね特定されています。高級住宅街など高級車が停まっているところや、街灯や人通りが少ない場所などはよく窃盗犯が出没します。

また、場所だけではなく、車上荒らしに遭う車両にも共通して言える特徴があるのです。その特徴とは、頻繁には使用されていない車両です。日常的に通勤や通学などで使用している車両は汚れなども溜まりにくいのですが、使用頻度の少ない車両はガラスに砂埃が溜まっていたり、車両の周りに砂などが溜まっていたりするため、すぐに分かります。使用頻度が少ないということは万が一車上荒らしの被害に遭ったとしても犯行に気づくまでに時間が掛かってしまいます。犯行に気がつくまでに時間がかかってしまうと、被害に遭った時期も特定するのがむずかしくなるため、犯人逮捕も困難となり、結果として泣き寝入りしなければならなくなってしまうのです。

そうならないためにも、日頃から車両には気を配り、インターネットなどの情報網を利用して車上荒らしについての情報交換をしておくことがとても重要なのです。

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して…