メインイメージ

車上荒らしの豆知識

車上荒らしを未然に防ぐには日頃からの注意が必要です。しっかりとした知識を持っておくことで、車上荒らしの被害を避けられます。

まず、犯人がどういった車両に目をつけるかを知っておくことが重要です。

例えばシートの上にカバンなどを置きっぱなしにしている車両などは絶好の獲物と言えるでしょう。車両から離れるときは短時間でたとえ短時間であったとしても、身に着けておくことが重要です。どうしても身に付けられない場合はダッシュボードやグローブボックスの中などに保管するなどして、外から見えないようにしましょう。窓ガラスにスモークフィルムを貼って車内が見えないようにするのも車上荒らしを防ぐ上ではとても有効です。

そしてもう一つ心がけたいのが毎日車両に目をやること。週末しか乗らない車両などは特に危険です。平日は車を使わないからといって車に目を向けないといざ週末に車を使おうとしたとき、被害に遭っていてもいつ頃被害に遭ったのかがわかりません。正確な犯行時期が特定できなければそれだけ犯人を捕まえるのも困難になってしまいます。あまり使わない車の場合は窓ガラスに砂埃が溜まっていたり、車両の周りに砂が溜まっているため、窃盗犯も狙いやすいのです。そうなってしまわないためにも、一日一回は車に目を向けるようにしましょう。

このように、車上荒らしの被害はちょっとした気配りや知識を持っておくことで、意外と簡単に防ぐことができるのです。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して被害にあったものを保証してもらう時には、届け出をしたということが...  気になる続きはこちらから ⇒

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して…