メインイメージ

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。

実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して被害にあったものを保証してもらう時には、届け出をしたということが重要になってくることがあるので届け出をすることがまず先決となります。

また、盗られてしまったものが戻ってくる可能性が可能性はゼロでは有りませんし、車上荒らしがあった場合犯行が連続で行われるケースも多いので、届け出を出しておけば犯人が捕まった時に運良く戻ってくることもありえますから届け出を出すようにしておきましょう。

そして、何より大事なことは車上荒らしに遭わないようにすることであり、あってからでは何かと遅いものですから日頃からセキュリティには気をつけるようにしておきましょう。

完全に反抗を未然に防ぐということはできませんが、ちょっとしたことで標的になることを避けることはできます。

車上荒らしのよくある手口

マイカーをお持ちの方多いと思います。カスタムして乗っていたり、最新式のナビやオーディオを付けた車に乗っている方は車上荒らしに注意が必要です。

車にシートをかける

駐車場での盗難防止に一番有効な手段は、シートを掛けることです。カギを掛けることは当たり前ですが、専門に狙っている犯人にとってカギは数秒で簡単に開けられますので、防衛手段にはなりません。

もしも車上荒らしの被害にあった時は…

車上荒らしの被害にあった時には、一にも二にも警察に被害届を出すことです。実際に届けを出したからといって、盗られてしまったものが戻ってくるというの可能性は高く有りませんが、保険などを利用して…